adviser

中小企業の場合、組織で動いているという会社は、まだまだ多くはないと思います。

どちらかというと、社長が号令をかけるとともに、社員に直接指示を出し、仕事が回るようにしているのでしょう。

やはり社長が会社のことすべてを知っており、社員は全員が社長の部下であるという認識の下で業務が行われているということなのです。

 

規模が小さいうちはそれでいいのですが、だんだん会社が大きくなると、社長一人では会社全体を見ることができなくなってきます。

それくらいの規模になりますと、業務ごとにある程度現場の管理者に仕事をまかせるようにして仕事を回します。

そしてだんだん組織化してくるのです。

 

社長自身が徐々に本業に集中するようになります。しかし社長は、内容にもよりますが、最終的な判断は一人で行うことが多くなります。それは致し方ないことです。

 

どのような会社でも、最終判断は社長が行いますし、職位が上にいけばいくほど孤独になるのです。

 

ただ、一番怖いのは、判断が間違ってしまうことです。

古くから知っている業界で名を馳せてきた人であれば、感に頼って判断することもできるでしょう。

しかし、中小企業で、親から会社を受け継いだ二代目の社長のような人であれば、なおさら判断に苦慮するところです。

 

ところで、ある程度の規模の会社ですと、営業、マーケティング、人事、財務などそれぞれの部署で部門長を配置し、部署ごとに社長がいろいろ相談したり、部門長を集め、定期的な会議を開いいたりします。そして、経営計画の進捗を確認し、課題の洗い出しをして、方向性を確認しながらかじ取りを行なっています。

 

また必要に応じて、経営コンサルタントなどから事業に関するアドバイスを受け、軌道修正を図りながら目標に向かって進んでいきます。

 

ただ、中小企業では、そこまでの組織化は難しいでしょう。

他の規模の大きな会社ですでにできていると思われることが、中小企業においては全然できていないということが多々あります。

 

しかし、そのような状況下においても、業績を上げている会社も多くありますので、業績の向上に努力しているのでしょう。

内部を整備すれば更に上昇するのだろうと思うような企業もあります。

 

ではそのような場合、どうすればいいのでしょうか。

やはり、社内あるいは社外に自分の信頼のおける人を見出し、その人から様々なアドバイスを得る機会を設けるようにすることです。

 

とはいえ、信頼でき、かつアドバイスをもらえるような人を見出すことは難しいでしょう。

内部から見出すことが難しいのであれば、外部にそれを求めることになります。

 

様々な会合の場とか何かの会で見ず知らずの人と会う機会がありますが、そこで偶然知り合う人が、実はアドバイスをしてくれる頼もしい人だったりすることがあります。

人と知り合う機会を大切にすることで、そのような人に出会う可能性はあります。

 

また、社内にそのような人を求めるとしたら、どうしても営業の役席者になりますが、それは致し方ないことです。

会社は増収増益を基本にして活動しますので、営業的観点からのアドバイスを受けることは必然でしょう。

 

しかし、会社を横断的に見て判断をするような場合、営業的観点からのアドバイスより、全社的に見て判断するためには人事部門の役席者にからのアドバイスを受けるということも大切です。

 

また、何かしらの機会に知り合った人で、この人からであればしっかりとしたアドバイスをもらうことができるという人がいるでしょう。

そうした人を採用するという方法もありますが、中小企業ですと人員に余裕があるわけではありません。したがって、顧問という形で契約を交わすという方法もあります。

 

ある程度の規模の企業では、税理士や弁護士などの専門家と顧問契約を結び、適宜必要な助言を求めています。

別に弁護士などの専門家だけが顧問ではありません。

自分が必要とする分野に関して秀でている人からアドバイスももらうために、契約を交わすことで、適宜自分自身が必要とするアドバイスを受けることができるのです。

 

このように、機会を見失うことなく、人と交わる機会を大切にし、良い人と巡り合うことで、貴重なアドバイスを得られることができるようになります。

おすすめの記事