communication-utilizing

コミュニケーションは、会社で業務を行うにあたって、基本的なことであると同時に重要な手段でもあります。

しかし、情報が共有化されていないということがよくあります。コミュニケーションが十分に機能していないのでしょう。

 

会社の中で働く社員の人たちは、情報が伝達されても、人によっては情報そのものを忘れてしまったり、あるいは重要でないと感じて気に留めなかったりなど、とらえ方はまちまちです。

 

もちろん、コミュニケーションの重要性を理解し、情報を社員に浸透させることに努力している会社も多くあります。管理職によって、そのようにしている人もおります。

特に社員数の多い会社ほど工夫を凝らし、様々なITツールなどを利用して、情報共有に努めているようです。

 

ただし、社員数の少ない会社やIT関連にあまり予算を投じることができない会社などは、大企業の手法をまねることは難しいでしょう。

とはいえ、なにも手を打たずにいると、結果的には会社の成績に影響を与えることにもなりかねません。

 

また、コミュニケーションの重要視は、情報伝達のみならず、それぞれの意思疎通を図ることもあり、それぞれの部署において、目標に向かって進む上でも非常に大切です。

 

 

ところで、こうしたコミュニケーションに基づく情報共有は、管理職から部署内の社員の人たちに伝えられるようにすべきですが、なかなかそうしたことができていない会社も多々あります。

中小企業にあっても、十分にコミュニケーションができている会社もあります。

おそらく、そのような企業は、業績も向上していることでしょう。

 

十分にコミュニケーションができている会社でも、中には管理職自身が、部署内で共有すべき情報を部下に伝えてないということもあります。

そうなるとその部署は組織として動くことができなくなってしまいます。なぜ、こうなるのでしょうか。

 

 

かつて、若いころに勤めていた企業で、上司から聞いた話ですが、とある大手の企業では、部長会議での会議の内容が、その日のうちに末端の社員まで届くようにしているそうです。

もちろん昔の話ですので、インターネットや電子メール、携帯電話などもなく、昭和のアナログの時代における話です。

アナログの時代にあっても、自分たちで様々な工夫をしているのでしょう。

 

近年、様々なITツールがあり、便利な時代になりました。

こと情報に関しては、IT技術の到来により、大変便利になり、情報共有が容易にできるようになりました。

 

しかしながら、ITに投資したから十分にITツールをこなし、情報を取りに行くということができるかというと、必ずしもそうは思われません。

個人の資質もあり、デジタルがすべてに優位に立つわけではないように思われます。

人によって、苦手な人もいるでしょう。また不必要な情報まで取りに行ってしまい、無駄に時間を費やししまう人もいるでしょう。

 

そのような意味でも、IT技術を駆使せず、やり方によって、十分コミュニケーションを取ることができるようになるのです。

 

そのような点を踏まえると、ここでも管理職の役割が大切になってきます。

管理職が必要であると思った情報を、間髪を入れずに部署内の社員の人たちと共有していくことが必要になってくるのでしょう。

先送りすると情報が古くなってしまいます。

会議や電子メールなどいくらでも方法はあります。要は管理職が認識しているかどうかなのです。

 

また、部下の人たちも、上司からの情報をその他の個人的に入手する情報と同列にするのではなく、しっかりと理解しておくべき情報であると、認識することが大切です。

 

そのためには、上司と部下の日ごとからのコミュニケーションが大切です。

そうすることで信頼感が芽生え、組織としてうまく機能するようになります。

そして、会社としては、研修などを開いて管理職や一般社員の人たち双方の認識を正していくことが求められます。

おすすめの記事