評価制度

評価制度構築

 

評価制度は人事制度の根幹をなします。人事制度はそれぞれ個別の制度が独立して運用しますが、それだけではなく、評価を中心に昇給や賞与などの報酬に反映させ、また昇格などのように等級に反映させるというように、それぞれが相互に関連しあうことで大きな力を発揮します。

 

評価が不十分であったり、あるいは評価そのものを行っていなかったりした場合、会社の業績に貢献し、成績を上げている人にとって、不満や不安が高まります。

これだけ実績をあげているのに評価されない、このままでいいのだろうか、と会社に対して疑問を持つようになります。このように優秀な社員にとっても正しく評価することは大切です。

 

一方でどんなに立派な評価制度を導入しても、運用する人達がそれを理解し、正しく運用しないと制度が機能しないままで終わってしまい、上記のように社員に不満や不安を与えることになってしまいます。

このような面でも運用が大切であるということが言えます。

運用の担い手は現場の管理者ですので、管理者に対する育成も大切です。

 

assessment-system

 

 

 

 

 

 

そして評価は社員のモチベーションを高めるほか、社員の育成の手段として利用するという目的もあります。

正しく運用することで本来の導入目的が達成させられます。

 

人事制度を導入しようと思い立った時点で、制度に対する考え方をしっかり持って、何のために導入し、どのような形にするかといって点を明確することにより、運用の仕方もしっかりしたものになってきます。

やはり最初の段階でしっかりとした方針を立てることが大切です。

 

評価制度の導入

 

フェリクスHRコンサルティングでは、お客様のご意見やご要望をお聞きし、相応しい仕組みをご提案いたします。

 

評価制度は人事考課に基づく評価と目標管理による業績評価とがあります。

それぞれ利点がありますが、大切なことは使用する会社が現状の制度がどのようになっており、今後どのようにしていきたいのかという点を明確にさせた上で構築する必要があります。

 

すでに評価制度を導入している企業において、今後会社の方針として成果に基づき、実績を評価していきたいと考えているのであれば、目標管理による業績評価がふさわしいと思います。

 

また、いままで評価制度を導入したことがなかったり、あるいは評価制度は導入したもののあまり機能しておらず、運用できるものに改訂したいと考えていたりする企業であれば、従来から日本国内で多くの企業が導入してきた人事考課表をもとにした人事考課による評価制度を導入するのがよいでしょう。

人事考課による評価制度を導入することで、管理者が社員の育成に力をいれ、社員が成長し、会社の業績に寄与するようなります。

そして結果が報酬や昇格に反映され、社員の励みとなり、相乗効果が期待されるのです。

assessment-chart

 

 

 


 

お気軽にお問い合わせください。