mission

会社は継続的に成長させるため、長期および年度ごとの方針や計画を立て、それに基づいて事業を運営しています。

そして、その方針や計画を各部門に伝え、各部門では自部門が行うべき方針を決定し、目的を達成するために業務を遂行します。

その長期および単年度の事業計画を社員は達成しようと努力しますが、その根底には経営理念があります。もちろんそれだけではありませんが、会社の存在意義や運営していく目的としての理念があり、それに向かって社員は努力するのです。

 

ところで、私たちが普段働くときは何を考えて働くでしょうか。

山ほど仕事があり、常に忙しく、企業理念や会社の方針などを考える余裕などなく、目の前にある仕事をこなすことで精いっぱいではないでしょうか。

 

営業の人たちであれば、今月の予算を達成できるかどうか、あるいは、今週取引先から契約を獲得できるかどうか、管理部門の人たちであれば、締め切りまでに今取り掛かっている仕事が完成できるかどうかなど、それぞれやるべきことがいっぱいあり、頭がそれらでいっぱいで、他の事まで手が回りません。

おそらく規模の大小にかかわらず、会社で働く人たちは、そのような感じで働いているのではないでしょうか。

 

現実的に考えた場合、社員は日々の仕事で手一杯であり、他のことを考える余裕がなく、これ以上仕事を増やしたくない、と思うのが一般的でしょう。

社員の感性にゆだねると、社員の思いがバラバラになり、社長の思いから更に離れてしまいます。

 

 

社員は、会社から給与を受け取り、その給与で生活をしているので、生活の手段として、会社が存在するように思われがちですが、ただそれだけではありません。

もちろん生活も大切ですが、ただ会社から給与を受け取るためだけに働いているのではなく、仕事を早く覚え、将来独立したいとか、会社で頭角を現し上位の職位に就きたいなどと、それぞれが大きな目標を持ち、働いている人たちもそれなりにおります。

もちろん、何も考えず、漠然と働く人たちもおります。

 

しかし目標をもって働いている人たちは、その大きな目的に向かって前進することで大きな力を発揮します。

 

目標を持っている人達だけでなく、漠然と働いている人達も含めてどのように会社が考える方向に導けばいいのでしょうか。

経営理念は、会社の壁に貼っていても、忘れられた存在になっていますが、あらゆる社員にとっても大切なものなのです。

 

 

中途採用が中心の中小企業にあっては、社員それぞれがかつて勤めた企業で教わったことを基に業務を行うことがほとんどです。また務めていた会社で経営理念を教わっても覚えていなかったり、あるいは教わったことさえなかったりする人も多くおります。

したがって、経営理念を説明されても、自分のこととして捉えるというよりも、会社の上のほうで何かやっていて、自分には関係ないと思う人も多いのです。

 

私が外資系企業で働いていたころ、経営理念を書いた冊子を印刷し、社員に配って基本的なところを理解してもらったりしていました。

会社の方針を確実に全社員に伝え、共有してもらうため、いろいろな方策を講じているのです。

国籍が違っても、同じ会社で働いているという気持ちを持ってもらうことと、経営理念を共有しているという気持ちを持ってもらうということを大切にしているのです。

 

このようなところにコストをかけるわけで、いかにコミュニケーションが大切であるかということが言えるかと思います。

そして人事を担当する人がその業務を担うのです。

 

現実的にはそのような冊子を配っても読まない人もいますし、机の引き出しに入れてそのままにしてしまう人もおり、なかなか浸透しません。

 

そうしたことを打開するには、やはり人事部門の人の役割が重要になってきます。定期的に研修を行ったり、階層別に勉強会を行ったりして、自分自身だけでなく、チームにも浸透させるようにします。

 

研修や勉強会を行うとしても、中小企業においては社員の皆さんは研修に参加する時間もないでしょうし、また社内でどのようにしたらよいかもわからないでしょう。

 

もちろん専門家に依頼するのが手っ取り早いのですが、専門家を探すだけでも時間がかかってしまいます。

 

そのような場合、自分たちで、手作りで進めることになります。最初はうまくいかないケースの方が多いかと思います。はじめから成果を期待するよりも、社員の人たちへの意識付けが大切です。会社として真剣に行っていると社員が思うという意識の変化が大切です。

 

また、時間が取れないというケースも多いかと思います。これについては、できるだけ早くスケジュール化し、社員に早く周知させることで、社員も自身のスケールを立てやすくなります。

 

このように、地道に活動し、少しずつ会社の理念を社員に理解してもらい、社員の力を合わせ、強い組織を作っていくのです。

 

( 社員の退職防止についてのページを別途ご用意しましたので、ご参考までご案内します。)

おすすめの記事