recruiting for small business

前回は中小企業における中途採用のお話をしましたが、今回も引き続き採用の話をしてみたいと思います。

人数の少ない会社ですと、社員数は現状維持しておくことが基本で、新規に顧客が増加し、現状の社員数では対応しきれないなど、企業業績の向上による増員とか、退職者の補充とか、何か理由があった場合に社員の採用を行われます。

したがって、このような場合、自分たちで採用活動を進めることになりますが、定期的に社員を採用してこなかったため、その活動に対して要領を得ていないため、時間と労力を費やしますが、その割には結果が伴わないことが多くあります。

ハローワークを利用したが、経験者からの応募がなかったとか、求人広告媒体に予想以上にお金をかけたがあまり人が集まらなかったとかこういった話はよく聞くと思います。

 

臨時に生じた採用業務については、自分の仕事を持っている社員が片手間に行うため、うまくいいきません。ある意味やむを得ないと思います。

それでも採用はタイミングが大事なので、たまにうまくいくケースもあります。

社員を採用するに当たり、自社の社員に採用業務全体をお願いしようとするのでしょうけれど、彼らはそれぞれ自分の仕事を持っており、日々忙しく働いていますので、他のまとまった仕事を押し付けるのは無理があります。

自社の社員には採用関連の一時的な業務を依頼し、あとは経営者が自ら広告媒体や人材紹介会社などの採用関連会社の担当営業と接し、彼らをうまく活用することも視野に入れて行動することで業務を進めやすくなります。

 

こうしたことは、営業担当の性格にもよりますので、人によって対応の仕方を変える必要があるのですが、まず必要なことは、少しでも会社全体のことを理解してもらうことです。

現状および将来的に会社をどうしていくのか、何が欠けていてそれを埋めるためにはどのような人材が必要で、この人たちをどうしていきたいのか、など突っ込んだ話をして、具体的に会社のことを理解してもらいます。

そして、その上で募集する職種について詳しく話をし、情報を提供し、担当営業の活動に移ってもらいます。ここではできるだけ具体的に話をするとよいでしょう。

具体化することで彼らのイメージがわきやすくなります。

 

そして担当営業との人間関係も大切です。彼らも顧客と気心が知れるようになると、優先して行動してくれるようになります。

昭和チックな感じと思われるかもしれませんが、デジタル化した世の中とはいえ業者とお付き合いを深めることで、様々な情報を得たり、最近の業界の情勢など歩いて集めた情報を教えてもらったりすることも多くあります。

人と人のつながりは仕事をしていく上での醍醐味といったところでしょうか。

以前勤めていた会社でも、担当営業が来社し、様々な話をしますが、仕事と直接関係のないし話をすることで双方が盛り上がり、気分転換になるということもありました。

忙しい中での気が休まる時間でもあります。相手方も同様に感じたりしますので、比較的無理なことでも応じてもらえるようにもなります。

 

また、採用関連の事務を代行する会社に丸投げすることもよいでしょう。突発的な業務が生じた場合、自社の社員だけで進めると余分な仕事が増え、本業がおろそかになる可能性もあり、かえってマイナスになりますので、外注することもひとつの方法です。

 

このように社内の人だけでなく、社外ともかかわりを持つことで、少しでも希望に沿う形で進めることができます。

実施される採用活動について、実施した内容を自分なりに文章にしてまとめておき、次回に参照できるようにしておくとよいでしょう。

次に同じような業務が発生した場合でもその業務をスムーズに進めることもできます。このことは採用だけでなく、他の一般的な業務にいえることでしょう。

このように中小企業の場合、割ける人員や予算にもどうしても限度がありますが、その限られた時間や予算の中でそれらを有効に活用し、成果を出していくことは可能です。

自分なりのやり方を見出すことで、次から同様の仕事が生じても時間や労力を費やすことなく進めることができるようになります。

おすすめの記事