受動的な社員が自主的に行動し組織力が向上する

社員の人たちは、与えられた仕事はきちんとこなします。

責任をもって処理しますし、自分の対応する分野での専門家という自負を持っている人もいるでしょう。

もちろん、なかなか仕事をきちんと処理できない人もおります。

本人はいたって積極的に対応しようとしているのですが、残念ながら結果がついてきていません。

このような人は、管理職がしっかりと指導することで、仕事を一人前に処理できるようになるでしょう。

 

また、中には、給料をもらっているので、指示されたことは対応しないといけないと思っている人もいるでしょう。

このように同じ組織の中にあっても、様々な人がそれぞれの思いを持って働いています。

 

また、社員の中には、その組織の都合上、その人が担当している仕事以外に、新しい仕事を与えられたり、現在担当している仕事とまったく異なる経験のない仕事へ変更させられたりしたりすることもあります。

 

人によっては、新しいことを学べる良い機会であると感じる人もいるでしょうし、ただでさえ、慣れている仕事でも大変なのに、不慣れな仕事を与えられたのでは、たまらないと思ってしまう人もいることでしょう。

 

人それぞれですので、どのように捉えるかはその人次第です。

しかし、仕事に対するとらえ方が異なると、その後の仕事の成果や本人の成長に大きな違いが生じてきます。

やはり前向きに捉える人のほうが成果を出せる可能性が高いでしょうし、将来的にその新しい仕事を学び、次につなげようとしますので、数年後には大きく差が開いてしまいます。

 

 

このような違いはどこからくるのでしょうか。

元々の性格もあるかもしれません。

あるいは、配属された上司によるかもしれません。

上司が部下を励まし、難しい局面に至った場合でも、親身に指導することで、部下の人は前向きの気持ちになるでしょう。

一方で、物事のとらえ方が前向きでない上司の下についたしまった部下は、否定的なことをたびたび言われ、嫌気が差してしまうかもしれません。

一度や二度であれば、聞き流すかもしれませんが、幾度となく、否定的な発言を聞くと本人も知らず知らずの間に影響を受けてしまうのです。

 

そうなってしまうと、部下も仕事に対して前向きになれませんので、成果を出せなくなってしまいます。

 

さて、このように後ろ向きの上司がいる場合、会社はどのようにして社員が、会社が目指す方向に目を向けさせることができるのでしょうか。

いくつか方法が考えられます。

ひとつには、自分が将来のこの会社でキャリアをどのようにして描くことができるかを示してあげることです。

10年先あるいは更に遠く20年先まで考えられるようなキャリアモデルを構築することで、社員は今この瞬間ではなく、遠い将来を見据えて、現在の新しい仕事は将来の自分のためであると理解することで、前に進むことができます。

 

また、他には、社員一人ひとりに対して、自分が属する組織の問題点を明らかにできる方法を社内に導入し、会社が改善策を講じるようにすることです。

社員にとっては、会社が社員の意見を前向きにとらえていると理解できます。

そうすることで、新しいことを始める障害を取り除くことができるのです。

社員が前向きになることで組織力が向上し、会社が目指すところに近づくことができるのです。

おすすめの記事