社員が仕事の責任感を向上させ目標を達成する

社員の人たちの仕事は、基本的には上司からの指示に基づきます。

他部署から異動してきた社員や新しく入社した社員に対して、上司は部署内の仕事をその人たちに割り当てます。

とはいえ、実際には、実務を取る社員が細かな仕事の内容や仕事の仕方を説明し、新しく入った社員への面倒はその現場の社員が行うことが一般的です。

あるいは、異動で他部署に移る社員や、退職で後任が入社する場合は、異動あるいは退職する社員が引継ぎを行い、実際の業務に支障がないようにします。

 

他部署から異動した社員や新しく入社した社員は、最初は与えられた仕事に慣れていないこともあり、緊張感も手伝って、できるだけ早く処理しようとします。

そのため、わからないことは他の人や上司に聞いたり、自分で調べたりして最後まで完成させようとします。そして、早く仕事に慣れて一人前になって部署の人たちに認められようとします。

そうした日々が続き、次第に仕事に慣れてきます。

だんだんと仕事にも慣れ、部署内の雰囲気にも慣れてくると、今度は仕事がマンネリ化していき、不注意によるミスなどが生じてくることがあります。

仕事の慣れによるミスというものですね。

 

このようなことは誰にでもあることでしょう。

もちろん着実に仕事を進め、自分の責任のもと、ミスなくしっかりと仕事に取組み人もおります。でも会社にはそのような人ばかりがいるわけではありません。

 

ケアレスミスをしやすい人は、やはり初心に帰るという言葉があるように、当初の気持ちを持ち続けることは大切なのでしょう。

 

このように、慣れやあるいは定型作業のような、一定の流れの中で処理できるようなものは、自然と、気のゆるみが生じ、ミスなどが出てきます。

 

部署を受け持つ上司としては、責任をもって対処するように部下に指示を出しますが、それでも収まりません。

部下の人たちに対し、責任をもって最後まで仕事を完成させてほしいと思っているでしょう。

 

どうすれば、部下の人は最後まで責任をもって対処するのでしょうか。

人は、上司に言われた通りに処理すれば仕事は完成するという意識をどこかにもっているものです。

そのため、「作業」はやったので、自分の責任は果たしたと内心思ってしまうのです。

 

こうした意識に陥らないようにするためには、部下の人の意識を変えることが必要になります。

そのためには、指示は概略程度で押させて置き、途中の進め方や、最終結果まで本人が考え、本人の意思で進めるようにさせることです。

 

そして失敗をさせてみることです。

もちろん会社に大きな影響を与えるような仕事での失敗は困ります。

しかし、後でリカバリーができるようなあまり大きくない失敗であれば、取返しがつきますので、時間がかかったとしても前へ進むことができます。

 

要は本人が失敗することで、自分の考えたやり方等を反省し、次につなげられるようになります。

もちろん自ら行った結果の失敗ですので、後々まで記憶に残ります。

 

次は失敗しないようにしようと思い、無意識のうちに責任感が生じてくるのです。

そうすることで、この人は次第に成長し、管理職になっていくことでしょう。

 

大切なことは、本人が自分の考えて進めている中で、上司は途中で口をはさみ、本人の考えを変えさせるようなことはしないことです。

もちろん相談をしにきたら、指導はしますが、あくまで、指導に留めるのです。

そうして、部下の人は悩みながらでも、一つのまとまり仕事を、責任をもって完結します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事