社員と価値観を共有し距離を縮める

会社で働いている社員の人たちは、日々自分の仕事をこなしておりますが、実際のところ、日々の仕事だけで精一杯といったところです。

会社の理念や方向性を考えながら業務を進めるというよりも、目の前の仕事に力を注ぎ、他のことにはあまり目がいかないようにします。

そうしないと、仕事に余裕がないため、他のことに目を奪われると自分の仕事が疎かになり、結果的に上司から叱られてしまうからです。

もちろん職場で働く皆さんがそうであるというわけではありません。

会社の理念を理解し、そして方針を理解した上で、最適な仕事の進め方をしている人もおります。そのような人は仕事にも余裕があり、自分なりに工夫して業務量を減らす努力をしているからです。

 

とはいえ、仕事に対して受身的で、与えられた仕事を処理しているだけ、そして少し仕事が増えると処理する時間もそれに合わせて遅くなるという社員は意外に多いのではないでしょうか。

 

これはある意味仕方がないことです。

会社で働く目的も人によってことなります。多くの人は生活の糧を得るためという考えのもとに働いているでしょう。

もちろん、向上心を持って早く仕事覚え、上位の職位に昇進したいと思っている人も多くいるでしょう。

でも多くの人は、あまり深く考えず、生活の中の一つとして仕事があるという理解でいるのかもしれません。

 

とはいえ、それだけでは、この会社で働く意味はなく、他の会社でもよいということになってしまいます。

そうなってしまうと、社員をまとめることは難しくなります。

会社でいざ何かしようとしても、動きが遅く、商機を逃したり、業界で取り残されたりしてしまいます。

 

そのためには、社員のベクトルを合わせることが必要です。社員の人たちのベクトルを合わせ、目的をひとつにすることで、組織としての力が発揮できます。

成功した社員の事例などを社内で共有することなどもよいでしょう。

該当する社員だけでなく、他の社員もその事例を参考に自分も会社に貢献したいと考え、結果が社内で共有されると励みになるでしょう。

そうすることで組織力が少しずつ高まっていきます。

 

また、成功事例だけでなく、成功に導いた考え方や価値観などが根底に流れているということも共有することでさらに社員同士、そして会社との距離も短くなってきます。

 

ただ一方で、会社の活動に対して批判する人たちが存在します。自分が対象にならないために、批判的になってしまう人たちです。

かつては自分たちが成果を出して会社に貢献したが、最近は鳴かず飛ばずで、業績も伸びておらず、仕事の結果がでないことを会社のせいにしてしまうのです。

 

そうした人たちは、会社が変化していくことに対して否定的です。

そのような人たちの声が大きくなっていくと、会社が行おうとしていることが、逆にマイナスになってしまうことがありますので、批判的な声が大きくなる前に対処したいものですね。

 

会社が何かを行おうとするときは、できるだけ全員にいきわたるようにするなどして、客観的で公平性のある対応が望まれるところです。

ただ、組織の中には成果を出せない社員もおります。

そのような人たちをそのままにしておくと、組織の足を引っ張るだけとなってしまいます。

 

会社を成長させていくためには、なにかしらの対応をする必要があります。言い尽くされておりますが、やはり教育です。

ただ教育をしたからといって直ちに成果を出せるというわけではありません。

それなりの時間がかかります。しかし、時間がかかっている間に本人は更に内向きになってしまい、精神的にも参ってしまうことがあるかもしれません。

そうなるとせっかく教育してもその成果がでません。

 

そうならないために、環境を変えてみたり、仕事の与え方も変えてみたりする必要があります。

例えば、部署内で職務内容を変更するとか、支店や分室があるのであれば、そちらに異動させるとか、その社員の視点を変えることにより、仕事に対して成果を出せるようになるかもしれません。

そして、その成果を他の部署の社員と共有することで、その社員にとっても自信となり、業務に対して自ら率先して動くようになるでしょう。

 

このように地道に社員に金銭以外で施しをすることで社員の会社に対する意識も変わり、会社の方に目を向けるようになり、社員との距離も縮まります。

おすすめの記事