社員のメンタル不調を未然に防ぎ組織を維持する

職場で働く人たちは、仕事が順調にはかどっている人ばかりではありません。

日々激務に追われ、四苦八苦している人もおります。

また、度重なる不注意で、何度もミスを犯し、

そのたびに上司に怒られ、落ち込んでいるような人もおります。

更に、人数としては少ないのでしょうけれど、なかなか仕事をする気になれず、仕事をしている「ふり」をしてしまう人もおります。

この人は、前の日にいやなことでもあったのでしょうか。

 

このように外から見ると、平穏無事に仕事が回っているように思われる組織であっても、

実際に中に入ってみると、結構大変で、管理職の人はなんとか仕事を回し、組織を維持しています。管理職の人も大変ですね。

 

組織の中で、このような状態が続き、いつまでも激務におわれていたり、頻繁に怒られたりしていると、次第に精神的にも疲れが溜まってきます。

疲れは肉体だけとは限りません。

特に精神的に疲れると、なかなか疲れは取れません。

 

こうした状況で、心配されるのがうつ病など、精神的な疾患です。

うつ病などに罹っても、早期のときには、本人は気づきません。

周囲の人たちも気づかないことが多いようです。

 

しかし、そのまま放置していると次第に軽度な状況から本格的な病気へと悪化していきます。

本人や周りの人たちが、気づくほど悪化した状態になってから治療しても、

回復するまでにだいぶ時間がかかってしまいます。

しかも、一旦発症し、治療をして回復後に職場復帰したとしても、再発することもあるそうです。

 

ここまで状況が悪くなると、本人たけでなく、所属する部署にとっても不幸です。

そうならないためにも、事前に対応しておくことが大切です。

 

そのためには、すでに言い尽くされたことではありますが、

やはり管理職に対する教育が最優先でしょう。

うつ病などの精神疾患に罹りそうな傾向や特徴などを理解し、社員の行動を観察することで、早期に発見できるかもしれません。

また、管理職の社員への接し方も、日頃から気を付けることで、結構発症予防になるかもしれません。

 

いずれにしても、社員がうつ病など精神疾患で休業してしまうと、その部署では、穴を埋めるために他の社員の人たちに負担が生じます。

彼らに疲労が蓄積され、二次被害に陥ることもあります。

やはり、事象が生じた時点で対応するのではなく、日頃からの予防が大切です。

 

また、一般社員に対する教育も一定の効果はあるでしょう。

部署の中で、管理職の人がすべての社員に細かく気を配る余裕はありません。

 

部署内の同僚が気にかけ、上司に相談し、

次のステップへ進めることもできるのです。

そのような意味においても、管理職だけでなく一般社員の理解も必要となるのです。

 

しかしながら、管理職の人たちも日々忙しく、なかなか社員一人ひとりに目を向けて、それに時間をかけるわけにはいきません。

 

どうしても、うつ病などに罹ってしまう人も出てくるでしょう。

そのためにも、その時の対応を事前に用意しておく必要があるでしょう。

 

うつ病に罹った場合の、対象者の部署での欠員の対応や、

休職の間の会社の対応、そして、復職の仕方など、様々なことが考えられます。

 

そうしたことを一つ一つ検討し、対応していくことが求められます。

そして、実際に事例が生じた場合、スムーズに対応し、

時間やコストなど考えられるものを最小限に抑えることで、組織を維持していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事